トップ タイムカプセル スパナで開ける貯金箱 器物 洋食器 お支払い・送料 会社概要

燕市と洋食器の関係はなんですか?

洪水と和釘作りから始まりました

 

燕市の洋食器は江戸時代の初期に農村の副業として和釘の製造技術を取り入れたときから始まっています。燕市一帯は水田地帯であると同時に洪水地帯でもありました。

洪水による失業の影に苦渋を嘗めた燕の職人技術はあると言っても良いでしょう。

和釘作りからヤスリ、キセル鎚起銅器の製造から大正時代になりこの金属加工技術を生かし現在の金属洋食器工業が生まれました。

全国の生産額の95%を占め世界各国に輸出される一大産地に成長し、学校で習う社会の教科書にも登場します。

 
タイムカプセルとアイデア貯金箱のお店 MEMORIAL SPOT SOEVER!
〒959-1234 新潟県燕市南2-2-16
TEL  0256-63-4521(代) FAX  0256-63-4523 Mail info@soehara.co.jp
Copyright (C) 2003 添原工業株式会社. All Rights Reserved.